北欧モスインテリア「ポーラーモス」の販売とレンタル

ポーラーモスのモス素材の魅力

2021年03月11日 お知らせ KaunisArt

 こんにちは!今回はポーラーモスについてその魅力の一つを紹介したいと思います。

 最近はネットでモスを素材とした可愛らしいアートがちょくちょく紹介されています。どれも素敵ですね。モスは素材としてネットから購入できますので皆さんも既にmyモスアートを楽まれているのではないでしょうか。 

 ここで言うモスは地衣類であって苔類ではないことはホームページで説明していますので理解いただいていると思います。このモスの別名がトナカイゴケなので苔だと思ってしまいますよね。では、ネットから入手できるモスはどこから来ているのか知っていますか?現在、日本で紹介されているトナカイゴケはフィンランド、ノルウェー、アイスランド産です。北極圏近くの森林で育ちますのできっとロシアやカナダの森林でもモスが生育していると思いますが世界でもまだ紹介されていません。

 ポーラーモスの素材となるモスは自国フィンランド産のモスです。下の写真はフィンランドの森林で育っている実際のモスを写したものです。オリジナルのカラーは灰色っぽい白でノルウェー、アイスランド産のモスも同じです。ポーラーモス社ではこの灰色っぽいモスに15色の色付けを行います。その手順は、手摘みしたモスを完全に乾燥させ、次に常温で水90%、化学色素10%の液に指定時間漬けて色付けします。この色素はドイツ、EU、USAの安全基準に合格していて万が一間違って身体に取り込まれても安全なものです。また、この色付けはポーラーモス社80年超にわたる経験からうまれた技術に裏付けされていて色の均一性が極めて高く他社製品にはない魅力になっています。ポーラーモスが持つこの色の均一性はネット上で紹介される他のモスと比較するとよく分かりますので皆さんも是非チェックしてみてください。

 今回はポーラーモスの魅力の一つであるモス素材についてお話ししました。当社では現在ポーラーモスのインテリアデザイン製品(IDプロダクト)を在庫し販売、レンタルしていますがこの優れたモス素材からできたIDプロダクトは品質、色の均一性でとても満足できるレベルにあると思います。決して安価なものではありませんので是非当オフィスにて実物を手にして感じていただければと思います。

モスは貴重で10年かけて成長します。ポーラーモス社はESG観点からお金を支払ってモスを採取。



コメントを書く

*印は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。



ブログトップに戻る