北欧モスインテリア「ポーラーモス」の販売とレンタル

モスアートが壁に簡単に飾れちゃう

2021年04月14日 お知らせ KaunisArt

 こんにちは!街の新緑が綺麗ですが皆さまは如何お過ごしですか?今日はモスアートを部屋の壁に飾る方法についてお話しますね。とても簡単なのでご安心ください。

 皆さんのお部屋の壁の材質は何でしょうか?石膏ボードが最もポピュラーですが如何ですか?お部屋の壁を手の指を丸めて軽くたたいたときにドンドンと少し軽い音がすれば壁は多分石膏ボードでできています。またお部屋の壁に重い物が掛けられず不自由を感じているのならそのお部屋の壁も石膏ボードでできています。

 カウニスアートのモスアートにはこの石膏ボードの壁に簡単に取り付けることができるMDF(成型木材、中密度遷移版)素材のフックがサービスで付いています。フックは下の写真の大きいドーナツ型フック(1個)+小さい丸型フック(1個)及びピン針(3本)でセットとなります。

 ドーナツ型フックはモスアートの裏面にカウニスアートにて前もって固定します。丸型フックは皆さんがご自身でお部屋の壁に位置を決めて付属するピン針で固定します。丸型フックの小さい面積の面を壁に当て3つの穴にピンを差し込んでそのままピンを壁に押し込めば終わりです。ピンを壁に押し込むときに少し力が要りますが家に金づちがあればピンの頭を金づちで軽く叩いて楽に押し込むことができます。ホームセンターで販売されているピン止めフックと全く同じなので簡単ですよね。フックの仕組みですが、ドーナツ型フックの内円と丸型フックの外円をよく見ると勾配があることが分かりますね。勾配は45度でこの勾配によりドーナツ型フックが丸型フックに引っ掛かる仕組みになっています。また、フックが丸型になっていますが丸型にすることによりモスアートの飾る角度をその時の気分に合わせ変えることができるようになりました。角度が変わればアートデザインにバリエーションが生まれるので飽きることなくモスアートを楽しむことができるのではないでしょうか。トライアングルモスであれば△にしたり▽にしたり▷にしてイメージの変化を楽しんでみてください。

モスアートの裏面にドーナツ型フックが固定されています。
丸型フックを壁にピンで固定した状態です。

 お部屋の壁が木の板の場合でもこのフックは利用できますがピンを押し込むのにより強い力が要りますので金づちを使うようにしてください。お部屋の壁がコンクリートの場合はこのフックは使えないため両面テープを使って固定することになります。今は強力タイプの両面テープが販売されていますのでそれを使えばモスアートが時間が経過して落ちるようなことはないと思います。

 モスアートの飾る方法で不安を感じる場合はお気軽にお問い合わせください。状況に合う固定方法を一緒に考えていきましょう。



コメントを書く

*印は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。



ブログトップに戻る