北欧モスインテリア「ポーラーモス」の販売とレンタル

デザイナーツールで遊ぼう

2021年04月24日 お知らせ KaunisArt

 こんにちは!コロナ禍でストレスを感じる毎日ですが皆さまは如何お過ごしですか?私も不要不急の外出をできる限りしないようにしていますが外は快適な春の陽気なのに外出を控え我慢、我慢ということで本当に辛い思いをしています。

 皆さまもおうち時間が長くなっていると思いますので今日は皆さまにポーラーモス社のデザイナーツールを紹介します。このツールは良くできていて本当に面白いです。これを使えばPCまたはスマホ上でご自身のお部屋の壁に好きなモスアートを自由に配置してデザインイメージをいろいろ楽しむことができます。デザイナーツールの使い方はとても簡単!これから順に説明しますので皆さんも是非ご自身でおこなってみてください。

 先ず、①こちらのURL Designer Tool | POLARMOSS にアクセスしてください。すると次の画面が現れます。

  次に②画面のChoose backgroundをクリックするとポーラーモス社があらかじめ設定した壁画面(下のスクリーンクリップ)が現れます。矢印を押してご自身のお気に入りの壁に移動してselectをクリックすればその画面が固定されます。あとは左に現れる選択バーから好みのモスアートを選んでドラッグ&ドロップすれば壁の好きな場所に簡単に配置することができます。形、色をいろいろと替えてモスアートを配置して異なるデザインイメージを楽しんでみてください。

 では、ここからはご自身のお部屋の壁をツールに取り込んで上と同じようにモスアートをドラッグ&ドロップで配置してデザインイメージを楽しむ方法を説明します。この方法では上で説明しましたselectされた壁画面が皆さまのお部屋の画面にそっくり入れ替わりますので実際にモスアートをお部屋に飾ったようにデザインイメージを確認することができます。では順に説明します。

 先ず、①モスアートを飾ってみたいご自身のお部屋の壁上でどこでも良いのですが2つのポイント(2つのポイントは必ず水平線上)を決め、それらのポイント間の距離を測っておきます。例えば壁に電気のスイッチがあればそのスイッチを起点に床に対しておおよそ水平線上にある例えば100㎝離れたポイントに小さい付箋を貼ると良いでしょう。この2つのポイント決めとそれらの間の距離は壁画像とモスアートのサイズを合わせるためにのちほど必須ですので必ず準備しておいてくださいね。次に②壁をその付箋が付いた状態でスマホなので撮影しその画像をPCまたはスマホ上で保管します。あとから画像をツールに取り込みますので保管場所は決めておいてくださいね。

 次に③先ほどのURLに再度アクセスし最初の画面を開きます。今回はUpload background imageをクリックします。すると下の画面が現れます。

 この例ではスクリーンショット(保存場所)が表示されていますが皆さまは先ほどご自身で決められた保存場所を表示してください。表示された保存場所から壁の画像を選びクリックし、続いて開くをクリックすれば壁の画像がツールに取り込まれます。ここではファイル名事務所の壁画像をクリックし開いてみます。すると下の画面が現れますのでSaveをクリックします。

 次に④Save後に現れた壁画像上で先ほど決めた一つのポイント(上の例では電気のスイッチ)上にカーソルを移動しもう一つのポイント(上の例では付箋)までカーソルを水平にドラッグします。するとドラッグの移動線が赤い線となって下のように画面上に現れます。同時にLine widthのボックスが現れますので事前に測ったポイント間の距離を半角で入力します。距離の単位はcmです。下の例では赤線の距離は150と入力しています。距離の入力が終わりSet scaleをクリックすれば壁の画像がツールに取り込まれます。下二番目は取り込んだ状態の画面です。壁とモスアートのサイズが一致しています。

 ここまで来ればあとは好みのアートをドラッグ&ドロップで自由に壁画像上に配置して自分好みのデザインイメージを楽しむだけです。下はサンプルです。例外はありますがモスアートには下から小、中、大と3種類のサイズがあります。大は日本の一般的な家には大き過ぎるため当社では在庫していませんがご希望がございましたらお取り寄せしますので電話またはお問い合わせフォームで申しつけください。

 以上です。私は最初もたつきましたが皆さまには簡単ですよね。ポイントはお部屋の壁上で床から水平線上にある2つのポイントを決めてその距離を測っておくことだけです。電気のスイッチがなければ100cm離れた2つのポイントに付箋を貼ればOKです。皆さまはセンス良く壁を撮られると思いますが床と天井が入るよう、また光の加減を調整して撮ってみてください。おうち時間が長くなっていますので違う壁にしたりして何度でも楽しんでください。



コメントを書く

*印は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。



ブログトップに戻る